2006年04月19日

J.D.Robb

ノーラ・ロバーツがJ・D・ロブの別名で贈るロマンティック・サスペンス

J.D. Robb
発売日:2003/08/28
本屋さんで偶然発見しました、このシリーズ!
ノーラ・ロバーツの本を探していたんです。そのとき「・・・別名でお送りするミステリー・・・」ってオビが目につき買ってしまったんです近未来という設定、残忍な殺人事件、警部補と地球的大富豪との出会い、、少しずつ明らかになっていく過去・・・・本当に魅せられてしまいました。。私のなかでイヴとロークは人間として動き始めているんです。これから二人の事がとっても気になります、二人とも自分自身のようになってしまったから。その後、2巻から9巻までまとめて買ってしまたことを付け加えておきます。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
posted by 館長 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ノーラ・ロバーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタニスラスキー家

Nora Roberts
発売日:2001/02
バレリーナのロマンス。こてこてでやんすよ
ノラ・ロバーツお得意の、安心して読めるロマンスです。なんと言っても今回は、相手役の彼よりも主人公のケイトが魅力的。特に少しでもバレエやフラメンコなどの舞踊を習った事のある人には共感できる部分が大きいんじゃないでしょうか。ただ、これは、続きもの的な色合いが濃いので、ケイトの母親がヒロインやってる方の本から読んだほうが納得しやすいです。その意味では、チョッと面倒かも知れないですね。文体、進行とも、ベテランらしく安定したかたりくちです。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

Nora Roberts
発売日:2004/11
一途な恋
フレディは作曲家でいとこ(血のつながりのない)のニックに10年間思いを寄せている。 そこで、彼女は作詞家としてニックとパートナーを組んで仕事をすることになった。 フレディのニックへの一途な思いとニックのフレディに対する心の変化が描かれていて、とても共感できるロマンス。また、この物語はスタニスラスキー一家のシリーズの中に入るので、“The Stanislaski Brothers”と“The Stanislaski Sisters”を先に読むと、幼い頃のフレディや10代のニックが登場していてより内容が分かりやすいと思う。  
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
posted by 館長 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ノーラ・ロバーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オハーリー家

Nora Roberts
発売日:2005/02/28
やっぱりノーラ
O'HENRLEY家の長男Traceと三姉妹の長女Chantelにまつわる2編。ある日から女優であるChantelのもとに花束や電話手紙などが匿名で送られてくるようになる。添えられたメッセージはいつも同じ『あなたを観ているいつも、いつも』不安と恐怖にかられたChantelはエージェンシーのMattに相談し、Quinnという名のボディガードをつけることになった。不安と恐怖…そしてQuinnへの思い…ミステリータッチのロマンス。『WITHOUT A Trace』はそのままTraceにまつわる物語。こちらはスリルが満点!いつもながら引き付けて話さないノーラの腕に感服します。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

Nora Roberts
発売日:2004/08
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
posted by 館長 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ノーラ・ロバーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーラ・ロバーツ Nora Roberts 

Nora Roberts
発売日:2002/06
ノーラ作品ではNO.1!!
数あるノーラの作品の中でも群を抜いて秀逸な作品。いつもいつもこういった作品を提供して欲しいですね。内容良し、ロマンス度良し、主人公良し、そして脇役たちの素晴らしさ。特にマックス。ルークとの家族愛には涙しました。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

Nora Roberts
発売日:2001/03
家族愛
今回も家族もの。家族ものを書かせたら、NORA以上の人物はいるでしょうか?世界でも指折りのワインメーカーをもつ家族の物語。その経営を支えるのは、テレーゼ、ピラー、ソフィアの祖母、母、娘の三人。それぞれに複雑な男関係を持ちながら、新しい社の方針をテレーゼは提案します。そんな中で、ソフィアの実の父親が何者かに殺され…。めまぐるしく展開するストーリー。三人三様の恋愛も目が離せません。若くて、仕事もバリバリこなすヒロインのソフィア彼女のファンになってしまいました。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

Nora Roberts
発売日:2003/08
Sullivan's Woman
SanFrancisocoの高級ブティックの店員キャシディは口が災いして又もや職を失う。気を晴らす為に彼女はお気に入りのFisherman's Wharfをぶらつく。気が付いた時にはもう夕暮れ。霧が立ちこめて来る。その時突然、黒髪の背の高い男に肩を掴まれ,キャシディは震えあがる。通り魔と思いきや、何とその男は絵のモデルになってくれと無愛想に言って立ち去る。仕事の無いキャシディは翌日、半信半疑でこのコリン・サリヴァンのアトリエを訪ねる。キャシディの気品ある顔立ち、ヴァイオレットの目、すらりとした容姿に創作意欲を掻き立てられたサリヴァンだったが、彼女の中にそれ以上の物を見出す。一方キャシディは、サリヴァンと彼に近しい女流画家ゲイルの冷たい態度に心を痛めるが、必死に心を閉ざして自分を守ろうとする。と言うのもキャシディは不可解ながらもサリヴァンに心を惹かれているからである。23才で作家を志すキャシディが、年上で洗練されたゲイルやサィヴァンに振り回されながら、大人ぶろうとする芯の強さや純粋さにはらはらしながらも、とても後味の良い満足感を味わえる作品となっています。Nora Robertsの作品の中で、心地よい小品と言えるでしょう。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

Nora Roberts
発売日:2000/12/05
ギャラガー家 ダーシーの物語
キャリックに選ばれた最後のカップルはギャラガー家のダーシーと実業家トレヴァー。贅沢で刺激的な生活に憧れるダーシー。そんな派手な部分と人のことで涙する優しさを併せ持つところがダーシーの魅力になってます。兄二人はアードモアを定住の地に選びましたが、その後ダーシーもそう思う日が来るのか気になります。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

Nora Roberts
発売日:2001/05/01
家族愛
年齢も趣味も性格も生活も、なにもかもがちがう4兄弟がひとつになっていく素晴らしい作品です。クイン3兄弟ーキャメロン、イーサン、フィリップは、育った環境がわるく大学教師である父に引きとられます。そこに父の突然の奇妙な交通事故死、そして父の子供だという噂のまだ少年のセスをクイン兄弟が育てる事になります。1冊目では、長男・キャメロンと、この騒動にやってきたソーシャルワーカーのアンナのロマンスとなっています。でも、家族愛を書くのが上手いロバーツ、しかもこれはかなり良い部類に入るんじゃないでしょうか。キャメロンは、いままで自分の為に生きてきた男ですが、セスの面倒をみるうちにだんだんと長男らしくなっていきます。アンナとも譲らない所があるものの、人間を描いているという感じがします。ただのロマンスじゃない!むしろ「家族愛」がテーマと言い切っても良いんじゃないでしょうか。2・3冊目も、恋沙汰のない頼れる男イーサン、ボルチモアで活躍している切れる男フィリップが主人公になります。男の側が主人公っていうのもまた新鮮味があります。わたしとしては、3冊目がやっぱりおすすめです。セスはクイン家にとってどういう人物なのか?そんな所もついにわかります。感動して思わず泣けちゃいます。ぜひシリーズでよんでください。やはりクイン4兄弟の話なのだから、ということで「Chesapeake Blue」、セスの成長したお話しも出ています。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

Nora Roberts
発売日:2004/01
クイン兄弟、再び!
「『セスの物語をいつ書くんですか?』と訊いてこられた読者のみなさんへ」という献辞で始まる、この"Chesapeake Blue"。セスが、そしてキャメロン、イーサン、フィリップが、帰ってきました。前巻で11歳の誕生日を祝った少年も、すっかり大人になりました。時が経つのは早い(笑) ヨーロッパで画家として成功したセスが、セント・クリストファーのなつかしい我が家に戻り、運命の女性に出会い、家族の温かい励ましに支えられて過去を乗り越え、前進して行くさまを楽しんでください。シーサイド・トリロジー・ファンを決して失望させない内容です。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

posted by 館長 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ノーラ・ロバーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ クロネコヤマトのブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。